亜麻仁油で美しくなろう|良質な油で体質改善

ウーマン

野菜不足を解消

飲料

副作用

野菜不足解消や健康・美容効果を目的として、青汁を日常的に摂取しているという人も多いのではないでしょうか。しかし、飲み方によっては副作用を生じる可能性がありますので、注意が必要です。主な副作用としては、まず下痢や便秘などの便の異常があります。これらは青汁に含まれている食物繊維によるものであり、体質によって症状が異なります。青汁を飲み始めてから下痢や便秘などの症状が見られるようになったという場合には、種類を変えるか、少しずつ摂取するようにするなど飲み方を工夫するようにしましょう。また、食物アレルギーがある場合には、青汁に含まれている成分によってアレルギー反応が引き起こされる可能性がありますので、注意が必要です。

飲み方を工夫

青汁というと、苦い・臭い・飲みにくいというイメージを持つ人が多いようです。以前に比べると、飲みやすく工夫された製品が多いのですが、それでも臭いや味が気になるという場合には、飲み方を工夫することをおすすめします。青汁は、通常、水に混ぜて摂取しますが、この方法だと臭いや味がダイレクトに伝わるため、苦手と感じる人が多いようです。そこで、水ではなく牛乳や豆乳などに混ぜて飲むと良いでしょう。臭いや味が抑えられるため、飲みやすくなります。また、苦味が気になるという場合には、さらに蜂蜜などの甘味料を加えることにより、より飲みやすくなります。粉末タイプであれば、お菓子を作る際に材料に混ぜることで、青汁の癖を消すことが出来ます。